住宅を購入したらまずやること

入居後の欠陥チェック

従来、建物ができあがってから1年間は「暇庇担保の期間」となっています。

欠陥の大半はこの1年の聞に発生しています。

新しい家で生活を始めたら、早めに欠陥があるかどうかを確認することが必要です。

「契約した内容と仕上げ材の厚さが違う」「床フローリングの厚さが図面のす法と異なる」などといったことは、入居前はあわただしくて気づきにくいものです。

住んでみて、掃除などをしていて発見することが多いものです。

「ここにコンセントがあったらなあ」と思って図面を調べてみたら、つけ忘れだったとか、コンセントがあっても電気がきていない、ということもあります。

まず、「基礎の亀裂」「床鳴り」「床の傾き」「建具の開閉の具合」「壁の亀裂」「水栓の不充分な固定」など、直接に手で触れることができる範囲の確認をしましょう。

台所の床下収納庫は簡単に外せるので、そこから床下の清掃や湿気状況を見てください。

それと、押入の天井にある点検口から、天井や屋根裏を覗き、断熱材の有無やボルトなどの締め方の具合を見ます。

家が揺れるとか、床が沈んでいる場合は、ちょっと厄介です。

土を掘って地質を見たり、壁や天井の一部を壊し、「骨組みのす法」や「締めつけ金物のとりつけ」などの調査が必要です。

それ以上に厄介なのが「雨漏り」です。

その個所の一部を壊して雨水の浸入方向を見ながら、原因や場所を確認することが必要です。

欠陥の大半は、「骨組み」や「各設備の配管段階」など、仕上げ工事前に原因がつくられていると思うべきです。

特に雨漏りは屋根からだけでなく、外壁の亀裂から発生したり、窓枠などのコーキングの割れ・切れが原因で起こる可能性があります。

本来新築であればないはずなのですが、施工不良などで亀裂や隙間が出来てしまう事もあります。事前にきちんと確認して、納得してからが良いでしょう。
もし仮に、施工不良などで外壁に問題などがあった場合はすぐに専門店に相談しましょう。

私のおすすめが千葉の外壁リフォームの専門店千葉外壁塗装工房です。外壁リフォーム専門店なので、問題が発生してる外壁の補修は安心してお任せできます。